私が死ね死ね団のミスターKだ! Part.4

1ミスターK2017-11-02 20:09:21

※前スレが500KB突破したので次スレ移行です!

前スレまでのあらすじ

レインボーマンとイグアナの死闘による被害が甚大になった中国。

遂に中国は何を思ったかチベットに向けて核ミサイルを数発発射した!

このままでは後五分でチベットは跡形無く消滅することだろう。

だがその事実をレインボーマンとイグアナは知る由もない!

※一方、東京では。

ちゅど———ん!!

鶴来五郎太「やったか……!?なっ、なんだと」

ミスターK「ハッハッ、私自身の闘気で傷がつくとでも?では今度は私の番だな」

※ミスターKはサングラスを外し鶴来五郎太をにらみつけた!そして。

ミスターK「ミスターKが命じる!我に従え」

鶴来五郎太「はっ、我が主よ!」

※なんとミスターKはその眼力で鶴来五郎太の思考を完全に支配して自らの配下としてしまった!

ミスターK「では引き続き日本列島を散歩するとするか」

鶴来五郎太「我が主、拙者もお供いたします」

そんなわけで闇の闘気に被曝した五郎太。

このことは後年の事件に響く。

……

そして、初代シルバーサムライと二代目シルバーサムライが激しく切り結ぶ一方、ミスターKの前にキャプテンラッシュが立ち塞がる。

圧倒的パワーでミスターKの闘気を突破する姿は、数十年後の「レベルを上げて物理で殴る」という言葉に該当するだろう。

そして壊滅したチベット。

ドリームランドに退避した二人の前に現れたのは……

「私はゴッドイグアナ。かつて不夜城に侍りしものであり、それなるイグアナの母。17歳です」

「おいおい」

まさかのCV.井上喜久子だった。

【FGOでいう“不夜城のキャスター”です】

3 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-02 21:49:43

>1乙です。

>2

残念、キャプテンラッシュは刃物を装備していなければ忍者でもないので、誰の首も刎ねられません。

そして圧倒的パワー“のみ”でミスターKの暗黒闘気を弾き返しています。

理屈?そんなもの根性で吹っ飛ばすわ。

まあ、空は飛べないし飛び道具もないけどな。

ミスターK「じゃあ、こうだ」

二代目シルバーサムライ「いえす、ますたー」

キャプテンラッシュ「ギャーッ!」

二代目の、つまり現代の我々がよく知っているシルバーサムライの原田剣一郎はヒーローだったりヴィランだったりするからね。

ちなみにCV.西川貴教。

一方のチベットでありドリームランド。

覚醒世界と対応する夢の中の世界。

二つの世界が交わる地で、レインボーマンとイグアナ母娘という相反するリアリティがぶつかり合う。

荒れ狂うエネルギーと精神力と可能性と魔力とその他諸々の嵐の中で輝いている三つの強き意志。

そして……

30 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-10 01:26:15

分かった、こうしよう。明確に分岐した世界が二つあるんだからそう明記したうえでユーチューバーがいる方は任せます。

>3

※ユーチューバーがいない方の1972年東京。

二人のシルバーサムライを従えたミスターKの前に、国際警察機構天龍八部衆の一人“ザ・キャプテン”が……

もちろん、スティーブは実は死ね死ね団の同盟相手であるBF団のメンバーなので戦ってる振りである。

7ミスターK2017-11-05 22:03:57

時は2017年……日本を狙う死ね死ね団は今だに健在であった。

組織は中国や北朝鮮の援助を受けながら日本を壊滅させるべく各地でテロ活動をしていた。

ミスターK「しかし日本という国もしぶといな」

ドクターボーグ「本当にゴキブリのようにしぶといですね。この間は京都を粉砕したというのに」

ダイアナ「ボス、ただいま北朝鮮に核弾頭の技術を提供してきました」

ミスターK「ご苦労様!後は北朝鮮を煽って日本に核弾頭を落としてくれるのを祈るばかりだ」

死ね死ね団の今度の狙いは北海道!

既に破壊工作員が北海道入りして後数時間で札幌は無残に破壊される事だろう。

ミスターK「最近に日本は侮れん。今は地道に破壊活動を行うのみだ!」

8 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-05 22:14:32

>6

「警察だ、アーバンゲイル、手助けに来たぞ」

「ああ、こいつら、ありもしない私の超能力を消すとか訳の分かんないこと言ってるんですよ」

「あ、そら意味不明だな」

「ところで、タイムパトロールさんは?」

「そろそろ来るはずだ。こいつらを引き渡したら後はまあどうでもいいだろう」

「で、実際のところ1972年のレインボーマンはどうなったんだ?」

「あ、そっちの時間軸のじいちゃんが言うには……」

>7

すいません、本来のストーリーと違う時間軸の話が挟み込まれたので、>3の1972年まで巻き戻しませんか?

10創る名無しに見る名無し2017-11-05 23:22:49

「つまり私は私の活躍する世界を作りたいんですよ!だから自分に不都合な奴等を現実改変能力者にして私の犯罪は無かった事にしたいんです!タイムパトロールも私の味方なんです」

「そうだな、はいはい」

警察官に相槌を打たれながら、4人のユーチューバーに負けた悔しさから廃人になってありもしない事を言いながら留置所へ送られる鶴来。

勿論、タイムパトロールなんか実在しない組織であるし、彼女は今や単なる犯罪者にすぎない。

彼女の述べている事も、妄言だ。

「超能力!超能力消すとかわけのわから無い事ヲ」

「そうだな、そんな事言っていたら意味不明だな」

「俺達そんな事言ってないだで」

読み返してみよう、一言も言ってない。

人間離れした身体能力を指して、超能力と俺が書き込んだが、それを本編に持ちだすとはなんとも…。

それに、アーバンゲイルが岩間達を拉致した描写はあったが、どこにもアーバンゲイルが単独で〜とか、アーバンゲイルがその場に一人でいたという描写は書かれていない。

自分の描写不足を他の人間の落ち度にするとは…。

つまり、アーバンゲイルはあの場に一人では無かったのだ。

ウェスカー「…やはり気づいていたか、シャムゲーム」

そう、ウェスカーだ。

ウェスカーが隠れ潜み、アーバンゲイルに悟られない用に悟られないようにしながら、シャム等に能力を使う機会を与えなかったのである。

まぬけなアーバンゲイルはウェスカーの手ゴマとして操られているのに全く気づかないまま、自力で4人のユーチューバーを捕まえた気になっていたのだ。

あと正体不明の連中と複数犯で書いて他のも俺だ。

これも手前の描写不足である。

そして今、無職に惨敗し、ありもしないタイムパトロールを妄想しながら、鶴来容疑者は警察へと運ばれていった。

勿論、彼女は有罪判決を受ける事だろう。

18ミスターK2017-11-07 19:46:26

ミスターK「さーて、とりあえず新展開になった訳だからひとつ余興をやってみよう」

ドクターボーグ「ひとまずお帰りなさいませ。新しい同胞も歓迎します」

鶴来五郎太「よろしく頼む」

※という訳で個人的に状況を把握しきないので今回はこちらから一仕掛けしようと思います!

ミスターK「それでは早速モグラート部隊出撃!まずは北海道を襲撃だっ」

※モグラート部隊が地底から北海道に侵攻!瞬く間に札幌が火の海に!!逃げまとう人々を後目にミスターKの高笑いが響き渡る!

ミスターK「ハハハハハ!愉快愉快。まずは新章開始の大花火だっ!」

ドクターボーグ「とりあえず他のみんながどう動くかが見物ですね」

22 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-07 22:30:07

>18

1972年、札幌は、地獄だった。

人々が逃げ惑う中、高橋少年は一人、モグラートの前に立ちはだかった!

「うおおぉぉぉぉお!」

何ということだ、無数に放たれた少年の拳がモグラートの装甲を少しずつ穿ち、ついには貫通してしまった!

極限の状況に追い込まれたことでその潜在的な超越能力が開花したのだ!

思いもしない抵抗者にミスターKは排除を命じる。

いかにスーパーパワーを持とうとも、目覚めたばかりの少年では歴戦の戦士たちになすすべもない。

あわやこれまでか、そう思われた時、団員たちが音もなく倒れる。

レインボーマン「あぶないところだったな」

ついに、我らがヒーローが戻ってきたのだ!

21 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-07 22:15:11

>17

ええ、「この世界(インフィニバース)」の中に複数ある別の世界(コズムバース)です。

全ての世界を行き来してかき集めれば愛理も岩間もレインボーマンやミスターKも無数にいるに決まってるじゃないですか。

岩間たちを祖父の事で襲う理由のある愛理と鶴来の孫に襲われる理由のある岩間が邂逅してないのなら、それは双方の不運もしくは片方の無理解ですが。

おそらく、>4-11は一行ごとに別々の世界線がこんがらがった、くらいに思っておけばいいかと。

で、1972年には実際には何が起きて世界線の混乱が生じたか、をこれからとある2017年と並行して語りましょう。

おそらくキーワードは「ドリームランド」です。

>19

死ね死ね団に鶴来五郎太がいるということは、これは1972年ですね。

五郎太がミスターKの配下でいる2017年ならそもそも愛理の母親が生まれていないはずですから。

そんなわけで>20は差し戻しさせてください。

*  *  *

2017年の道警本部、死ね死ね団と戦う準備をしているアーバンゲイルと攻性粘菌マンの前に“ゴールドフィンガー”高橋利幸本部長が姿を見せた。

色々と打ち合わせをしている中で、アーバンゲイルがふと尋ねた。

45年前、敵の手中に堕ちた祖父を、どう助けたのか。

今や天龍八部衆の一角、迦楼羅を継ぐ高橋本部長は、過去に思いをはせた……

25 ◆6EgzPvYAOI 2017-11-09 22:33:32

*確かに一度正気に戻ってから再洗脳はありでした。そこら辺を語るためにも1972年編を語らせて下さいよ。

2017年。

高橋の口元に一匹のトカゲが駆け寄って自らの尻尾を喰わせ、蘇生させる。何とか立ち上がったその目線の先には、攻性粘菌マンによって手足を接合されたアーバンゲイルが祖父を裏投げでアスファルトに沈める姿があった。

「ああ、あの時に似てるな」

あの時はレインボーマンがミスターKを抑えた。

今回は米軍対ゾンビ部隊から来たスーパーヒロイン、フェニックスキラーが先を尖らせた魔法の丸太でミスターKを一時的に壁に縫い付けている。

あの時と違うのは、今の五郎太が数年前に死んでアンデッドになったこと、か。まあ、まだ語らせてもらえなかっただけでそういう設定があったのだから操られても仕方がない。

1972年。

鶴来五郎太を倒したのは結局一人のくノ一だった。そんなわけで2017年の五郎太が思っているように高橋が彼を戻したと思っているわけではない。

過去と今、五郎太と、二人のくノ一の動きが重なる。

薩摩示現流の太刀が光芒のごとく襲い掛かるもその瞬間に女の姿が消える。

《超忍飴玉(スーパーシノビドロップ)》

幻とも言われた超必殺技がさく裂、五郎太を吹き飛ばす。

昔と違うのは、その行き先。

過去の戦いでは路面にクレーターを作って洗脳状態を吹き飛ばしたが、今回その先にいたのは尖った丸太を抱えたフェニックスキラー。

「じいちゃん、約束通り、私が倒したよ……」

31ミスターK2017-11-10 21:17:46

※とりあえず1982年

ミスターK「やれやれ、おかしな奴が居候に居座ったものだな」

ドンコロス「誰の事だ?」

ミスターK「こりゃ自覚すら無しか」

ドクターボーグ「ドンコロス様、そうまで我らと一緒にいるつもりでしたらまずは国際警察機構に殴り込みでもしてきたらどうです?」

ドンコロス「ほほう、私の実力が信じられないと!いいだろう、すぐにそんなもん壊滅させてやるわい」

※それから数時間後、あろうことか国際警察機構総本部にドンコロスが出現!その恐るべき能力で警察機構の精鋭達を次々と撃破して侵攻していく!

ミスターK「あちゃーっ、思ったより強いなアイツ」

ドクターボーグ「まぁ日本人絶滅に邪魔な国際警察機構を壊滅させてくれるのは正直手間が省けますね」

※さぁ果たしてドンコロスを止められる奴はいないのか?

58ネオ・ミスターK2017-12-08 01:01:29

岩倉市を瞬く間に制圧した死ね死ね団の怪物達は、続いて隣接する市町村へ攻撃を開始。

警察が防衛線をしくも、瞬く間に破壊されてしまった。

その様を、異次元から現れた城、「頭死通城」の中から愉快そうに見つめる集団があった。

「なんだぁ?しょーもない事やっとんなー」

警察の抵抗を鼻で笑うマスク姿でデジカメを片手に持った男、アイウエオ700

「OKOK、ええでええでー、OK」

ニヤニヤと笑いながら順調な新軍を見つめる頭の足りなそうなメガネの上にオーバーグラスという大きなグラサンをつけている男、シャムゲーム。

「……おいしいです」

バナナをもりもりたべながら、戦いを無言で見つめるメガネの太った男、たれぞう。

「うんやっぱ次元科学って最強だと思う、うん、俺達ってさ、やっぱり選ばれた種なんだよ。ジョブラーの書にもそう書いてたし」

そう言いながらいい笑顔を見せるハゲた男、カツドン。

この4人こそが、恐るべき日本人殲滅次元組織、死ね死ね団の最高幹部達だ。

「どうですか?アイウエオさん、自衛隊は来ると思いますか?」

「知らんわそんなもん」

シャムの質問に不愛想に返すアイウエオ700。

現在展開している戦力はチョシーシャだけだったが、それでも日本政府はなんら有効な対応策をとれていない。

死ね死ね団としては遊んでいるような物だったが、既に100人以上犠牲者が出ていた。

「少なくない?最初ってさ、もっとやるべきだよ、徹底的に」

「原発は、静岡にあり、ちょっと遠いと思います」

しかし、チョシーシャによる素手の破壊活動に満足せず、さらなる破壊行為を考案し始める幹部たち。

「ほならね、ほならー怪人を作ったらええんとちゃいますか?私、僕…俺…わたくしはそう思いたい、そう言いたい」

「うるせんだバーカ!黙っとれ」

しかし、他の幹部の意見は、アイウエオ700に一蹴された。

「じゃあどうするんです?こんなんじゃ大した事できないよ」

カツドンの質問に、アイウエオ700は舌うちすると、チョシーシャ達に指示を飛ばした。

「おめえら!なにやっとんだ!毒使え!!」

〜〜〜

アイウエオ700にそう指示を出されたチョシーシャ兵達は、今しがた撃破した警官隊の死骸に近づくと、その首筋に何か赤色の毒液を注入する。

すると、警官の死骸がおきあがりチョシーシャ兵になってしまった!

警官の死骸は次々チョシーシャになり、更に別の獲物を求めて進軍を再開していく。

59???2017-12-08 20:00:50

>>58

※その時、恐るべき異変が!!

「うわあああああああああああああああああっ」

「あれ?どうしたの??おっ俺の手が溶けてる!!」

※死ね死ね団の最高幹部達の体が突如溶解し始めて彼等は絶叫と共にその体が溶けてしまい消滅してしまった!!

「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ」

「溶ける!溶ける!!いやだああああああああああああああっ」

※応戦していた男の警官達も例外無しに溶解して溶けてしまった!その後、無事だった婦人警官からの報告は日本政府を震撼させる!果たして誰の仕業なのか?そしてこの様子をモニター越しに嘲笑うブロンド髪の美女の姿が!!

???「オホホ!さぁ滅ぶがいい人類全ての男どもよ、今に全世界は女だけが支配する世界になるのよ」

71ミス・K2017-12-10 14:56:55

???「こらーっ!勝手に終わりにさせるなっ!!脱獄するのに苦労したわ」

配下「全くです。空気を読まずに終わりにされたらたまりませんよ、ミス・K様」

ミス・K「折角他の地域では男の殲滅が順調ですし資金だって問題はないですし」

配下「しかしミス・K様、ここまでコケにされて黙っているつもりですか?」

ミス・K「それではまずはアメリカ中の男を消してくれようかしら?」

※こうしてアメリカ中にメンズ・イレイザーガスが大量に散布されアメリカ中の男が泡となって消えてしまいアメリカは大混乱に陥っていた!

配下「今度はどこに散布なさいますか?」

ミス・K「日本、あのナメた真似をした連中に目に物を見せてあげるわ!オホホ……」

※再び日本列島にメンズ・イレイザーガスの脅威が!次々と消滅していく日本男子達!!正に恐るべき真・死ね死ね団の男消滅の野望が暴走する!!

72ネオ・ミスターK2017-12-10 21:00:41

>71

第二次世界大戦中に日本の富士山をペンキで染める作戦があった。

だが、アメリカの資金力をもって、それは難しいという結論に至っている。

アメリカ大陸の総面積は富士山の比ではない。

そしてガスを大量に散布するとしても、その準備と、手配が必要だ。

先日各所でガス騒動があったのに、そんなもん大量に用意したり撒こうとすれば、自然と目に止まるだろう。

ついでに言うと毒ガスは風に非常に影響されやすく、第二次大戦中、米軍は本土空襲の際毒ガスを使う事をしなかったほどだ。

っていうかそんな簡単にテロ組織がガスを世界中でまけるなら、ISなり金なりがとっくにやっているのだ。

では、>>71は何か…。

「みていろ!死ね死ね団〜〜〜!!おほほ…」

「これは再起は不可能だな」

某所警察病院。

???ことミスKは今日もベッドの上で妄想に浸っていた。

やはり彼女が虚構の世界から帰ってくる日はない。

…組織運用するキャラは向かないから超能力使いのオリキャラで参加した方がいいと思うよ。

85ミスターKの中の人2017-12-31 19:57:38

※新シリーズ新春スタート予定!もうしばらくお待ちください。では皆様良いお年を!!

88創る名無しに見る名無し2018-04-03 23:05:56

hhttps://www.youtube.com/watch?v=rnbYXpBVowA

ロシア軍は死ね死ね団に先立ちアメリカ東海岸に総攻撃を開始した!!

89創る名無しに見る名無し2018-04-03 23:22:53

hhttps://www.youtube.com/watch?v=bZwpFIew9KU&t=1s

アメリカはワシントンDCまでロシア軍の侵攻を許しロシア軍はホワイトハウスを制圧。

アメリカ軍は防戦一方の状況だ。

hhttps://www.youtube.com/watch?v=2tFLgeMD_7k

また、ニューヨークでもアメリカ軍とロシア軍の激戦が繰り広げられていた

デルタフォースは証券取引所の屋上にあるジャミング装置の破壊へと向かった

90創る名無しに見る名無し2018-05-21 06:07:46

知り合いから教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方

参考までに書いておきます

グーグルで検索するといいかも『ネットで稼ぐ方法 モニアレフヌノ』

O99PW

91創る名無しに見る名無し2018-07-03 21:36:48

P0Y

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする